何故、宅建資格は人気があるのか?

 

宅建主任資格とは

宅建資格を取得すれば、宅地建物取引主任者として活躍の場が開けます。
また、この資格は、法律関連の国家資格の登竜門とも言われる人気資格です。

 

宅地建物取引主任者は、宅地や建物の売買・貸借・交換契約の際に行う事が
義務付けられている重要事項の説明を行う国家資格者で、各都道府県単位で登録し、
知事から「宅地建物取引主任者証」の交付を受けた登録者を指します。
(登録を受けるためには、実務経験もしくは法定講習が必要)。

 

また、資格そのものに有効期限はありませんが、主任者登録は、5年に1度更新があり、
都道府県指定の講習を受ける必要があります。

 

宅地建物取引業法は、不動産取引業務を行う業者の事務所ごとに、
従業員5人に1人以上の割合で主任者を置かなければならないと定めています。
この結果、宅建主任資格は、不動産業界で働く上で非常に重要な資格となり、
また、不動産に深くかかわる業務である、銀行等の金融機関で働く場合でも、
非常に価値ある資格となっています。
宅建資格はこのような幅広く活用できる資格であり、特に受験資格もないので、
毎年行われる資格取得試験の受験者は、20万人を超えています。

 

不動産は、他の物に比べ、一般的に価格が非常に高く、賃貸の場合も含めて、
生活や業務の根拠となるものなので、これらの取引業務を円滑かつトラブルを
起こさないように行うために、国家資格者として実務と法的知識を持ち、
また、その後も登録制度を採ることで、取引の安全を図っています。

目次

 

Copyright サイトタイトル All Rights Reserved.